オルリスタットの肝機能への影響

最近、話題になっている痩せ薬であるダイエットピルとは、医師の処方により医療機関で出される薬なのです。中でも脂肪の吸収を妨げる効果があるものや食欲を抑制する効果のあるものなどがあります。そのうち、脂肪の吸収を妨げる効果のあるものとして、主成分がオルリスタットであるダイエットピルが数多く出ているのです。
先発品ではゼニカルというスイスのロシュ社から出ているものもあり、後発品では成分名と同様のオルリスタットやオルリファスト、ビーファットなどがあります。かなりの種類で出ており、後発のジェネリックのほうがかなり安く手に入るので、それを入手する人もいます。
オルリスタットの働きとしては、食事の際に一緒にとることにより、体内に入った脂肪分や脂質の30%を体外に排出してくれることを挙げることができます。これは、脂肪分解酵素であるリパーゼに作用するためであり、腸での吸収を抑え、便と共に出てくるのです。目で見て効果が実感できるので、肥満の人にも適したダイエットピルになります。
しかしながら、一部に副作用の報告が出ています。便が緩くなるなどはよくあることですが、あまり支障はないでしょう。世界的に少数ではありますが、肝機能に影響があるということがいわれており、アメリカのFDAでも報告事例が出ているため、日本の厚生労働省でも注意喚起を促しています。日本国内で未承認の薬であり、特に個人輸入で入ってきたものに関しては、個人の責任になってしまうのです。ですから、使用をしていて異変を感じることがあったら、すぐに医師に相談するようにしたほうがいいでしょう。
とはいえ、かなりのダイエット効果が期待できる薬でもあるので、上手に使っていきたいものです。