Monthly Archives: 5月 2015

  • オルリスタットの購入方法

    近頃、若者の間で話題になっているダイエット方法がダイエットピルによるものです。ダイエットピルというのは、もともと肥満気味の人に対して処方されるやせ薬であり、肥満外来のある内科や美容クリニックなどで専門の医師の診察を受けて出してもらうものになります。しかし、美容クリニックによっては、標準体重以上でない人にも出してくれることもあるのです。
    ダイエットピルには、脂肪を排出してくれる薬や食欲を抑える効果のある薬などがあります。中でも、食事の際に一緒に服用することによって、それに含まれる脂肪分を便と共に体外に出してくれるというダイエットピルが人気です。なぜなら、辛い食事制限などをする必要がなく、ストレスがない状態で無理なく続けられるからなのです。
    効果のあることから人気の商品として、ゼニカルというオルリスタットという成分が含まれた商品がありますが、それのジェネリック医薬品として、成分名と同じくオルリスタットという商品名のジェネリック品も出ています。ジェネリック医薬品というのは、同じ成分や効果で安く購入できる薬になります。オルリスタットというジェネリック品は、ゼニカルと同じ効果がありながら、インドで作られたかなり安い後発医薬品になるのです。
    オルリスタットを入手したいのならば、医療機関で受診してもらい、処方してもらうのもいいのですが、日本の法律でも認められているのが海外からの個人輸入です。最近はインターネットの専用サイトで紹介されており、手間や費用もそれほど負担がかからない状態で手に入れることができるのです。
    海外からの配送になるため、申し込みをして入金完了からの発送となり、1週間から10日くらい時間がかかるものなのです。

  • オルリスタットの肝機能への影響

    最近、話題になっている痩せ薬であるダイエットピルとは、医師の処方により医療機関で出される薬なのです。中でも脂肪の吸収を妨げる効果があるものや食欲を抑制する効果のあるものなどがあります。そのうち、脂肪の吸収を妨げる効果のあるものとして、主成分がオルリスタットであるダイエットピルが数多く出ているのです。
    先発品ではゼニカルというスイスのロシュ社から出ているものもあり、後発品では成分名と同様のオルリスタットやオルリファスト、ビーファットなどがあります。かなりの種類で出ており、後発のジェネリックのほうがかなり安く手に入るので、それを入手する人もいます。
    オルリスタットの働きとしては、食事の際に一緒にとることにより、体内に入った脂肪分や脂質の30%を体外に排出してくれることを挙げることができます。これは、脂肪分解酵素であるリパーゼに作用するためであり、腸での吸収を抑え、便と共に出てくるのです。目で見て効果が実感できるので、肥満の人にも適したダイエットピルになります。
    しかしながら、一部に副作用の報告が出ています。便が緩くなるなどはよくあることですが、あまり支障はないでしょう。世界的に少数ではありますが、肝機能に影響があるということがいわれており、アメリカのFDAでも報告事例が出ているため、日本の厚生労働省でも注意喚起を促しています。日本国内で未承認の薬であり、特に個人輸入で入ってきたものに関しては、個人の責任になってしまうのです。ですから、使用をしていて異変を感じることがあったら、すぐに医師に相談するようにしたほうがいいでしょう。
    とはいえ、かなりのダイエット効果が期待できる薬でもあるので、上手に使っていきたいものです。